交通事故の問題を得意とする弁護士を選ぶ方法

弁護士には得意とする分野がそれぞれあります。民事に強いまたは刑事を強い弁護士や、また、交通事故が得意、相続問題を得意とするなど、弁護士と言ってもその得意な問題は様々です。

その中でも交通事故の問題を得意とする弁護士を選ぶには、どのような点に気を付ければよいのでしょう。

説明がわかりやすい

交通事故による示談交渉は、専門用語が多いことが特徴です。弁護士に依頼する際に最初に気を付けたいのが、それらの知識量とそれをきちんと伝えることができるかです。

説明がわかりやすいと感じたならば、知識が豊富なうえにその伝達能力に優れているということになります。

私たちは、めったに交通事故に遭遇しないわけですから、知識が少ないことは当たり前なので、そのような知識を持ち合わせていない人にも理解出来る内容で説明してくれるということは、とても大事なことです。

料金体系が明確

308a3c33a2c5ae68c851be45be0ef71b_s

交通事故の賠償額は、とても大きな金額な流ことが多く、ケースによっては1億円を超える場合もあります。賠償額が大きくなると、弁護士費用も大きくなります。弁護士の費用は得られた賠償金から設定した割合によって、成功報酬が算定されることが多いからです。

成功報酬の他にも、着手金や弁護士の移動時に発生する日当、その他必要な経費など、必要な資金はいくつか存在します。そのことを事前にはっきりと提示してくれる弁護士を選びましょう。

交通事故関連の経験が豊富

938c2155bc713688a6618c2d9df348ea_s

弁護士には様々な得意分野があり、弁護士としての経験が長くても交通事故案件をまったく担当したことがないという弁護士もいます。そのような場合、法律的な知識はあっても、適正な損害賠償を受け取れないこともあります。

例えば、後遺障害がある場合、適正な後遺障害等級の認定を得ることが、適正な賠償を得るために必要です。そのためには、医学的な知識などの周辺知識を持っている必要があるのです。

まとめ

このように法律だけではなく、周辺知識を持っているかなどで損害賠償は大きく変化します。そのためには、交通事故関連の経験が豊富な弁護士に依頼することが望ましいでしょう。

弁護士に依頼する場合

交通事故の示談金の請求などには、3つの基準があり、弁護士が入るという基準で算定すると、最も低い基準に比べ、3倍以上の増額が見込めます。交通事故の被害者、加害者双方の立場から、今後示談交渉が揉める可能性が高いと感じたら、弁護士への依頼を検討してみましょう。

弁護士にはそれぞれ得意な分野がある

弁護士は司法試験に合格した法律の専門家です。ですが、弁護士といっても、それぞれ得意とする分野が違います。例えば離婚の問題が得意の弁護士や、相続の問題が得意な弁護士など様々なタイプの弁護士が存在します。

そういった様々な分野をそれぞれ専門的に扱っている弁護士から、交通事故問題が得意という弁護士を探すのは、現在では比較的簡単になりました。

弁護士の得意分野はホームページに掲載されている

fefd41701846cce487148cd5fe067636_s
最近は弁護士の広告活動が盛んになってきました。インターネットのホームページも例外ではなく、弁護士や弁護士事務所のホームページを閲覧すれば、それぞれの得意とする問題を掲載しています。つまり、ホームページを閲覧すれば、どのような問題が得意な弁護士を探し出すことが容易になります。

ただし注意が必要なのは、どのような問題でも引き受ける弁護士事務所です。よほど大手の事務所でない限り、このような弁護士事務所は避けましょう。

交通事故であれば、交通事故問題の知識と経験を豊富に持つ弁護士を選ぶようにしましょう。

なぜ交通事故が得意な弁護士に依頼すべきなのか

5084e35506c65a1060539a4990933d65_s

もし交通事故の問題にあまり強くない弁護士に依頼してしまった場合、示談金や過失割合などを有利に進めることが困難になります。

交通事故の場合、医学の知識や刑事事件の可能性、そして慰謝料の算定など、専門的に扱っていないと対応できない場合があります。

まとめ

同じ弁護士だから問題ないだろうと思って相談してしまうと、結果的に損をするのは被害者側ですから、弁護士選びはより慎重に行う必要があります。

任意保険の弁護士特約について

交通事故に遭遇した場合、被害者の多くは、加害者側の保険会社の担当者に言われたとおりの示談金で支払いを受けてしまうことがほとんどです。

保険会社の提示した金額が本当に妥当なのかどうなのか知るためが、非常に大切になります。

加害者側の保険会社の提示に軽はずみな返事をしない

もしあなたが、加害者側の保険会社から提示された損害賠償額を確認して、その損害賠償金額の低さに困惑していたとしても、保険会社は道筋が通っているかのような説明をし、納得させられてしまう可能性があります。

このように加害者側の保険会社の担当者に言われてしまうと、法律的に交通事故についてあまり詳しくない素人は対応に困惑してしまいます。

そのような場合は、軽はずみに返事をすることなくその賠償金額の妥当性について検証する必要があります。

過失割合がゼロの場合

0e4bbd598c499773e022537816c0d11d_s
加害者側に100%の責任がある場合は、被害者側が加入している保険会社は、示談交渉の代行を行うことができません。

そのような時被害者は、自分の力で加害者側の保険会社と交渉しなければなりません。保険会社の方が知識や経験が豊富なため、加害者側が提示してきた内容で示談に応じてしまったりしてしまいます。

自分の保険に弁護士特約が付加されているか確認しましょう

1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s

示談金の金額などが自分の納得できる金額であればよいのですが、そのようなケースは稀でそうはありません。

このような場合、法律の専門家である弁護士に相談するのが最善と思われます。また、費用が心配という方は、自分が契約している保険に弁護士費用特約が付加されているか確認しましょう。

まとめ

自分の力だけで、プロである加害者側の保険会社と示談交渉をするのは、なかなか困難です。

自分が加入している任意保険に弁護士費用特約が付加されていれば、安心して示談交渉を法律の専門家である弁護士に示談交渉を代行してもらえます。