弁護士に依頼する場合

交通事故の示談金の請求などには、3つの基準があり、弁護士が入るという基準で算定すると、最も低い基準に比べ、3倍以上の増額が見込めます。交通事故の被害者、加害者双方の立場から、今後示談交渉が揉める可能性が高いと感じたら、弁護士への依頼を検討してみましょう。

弁護士にはそれぞれ得意な分野がある

弁護士は司法試験に合格した法律の専門家です。ですが、弁護士といっても、それぞれ得意とする分野が違います。例えば離婚の問題が得意の弁護士や、相続の問題が得意な弁護士など様々なタイプの弁護士が存在します。

そういった様々な分野をそれぞれ専門的に扱っている弁護士から、交通事故問題が得意という弁護士を探すのは、現在では比較的簡単になりました。

弁護士の得意分野はホームページに掲載されている

fefd41701846cce487148cd5fe067636_s
最近は弁護士の広告活動が盛んになってきました。インターネットのホームページも例外ではなく、弁護士や弁護士事務所のホームページを閲覧すれば、それぞれの得意とする問題を掲載しています。つまり、ホームページを閲覧すれば、どのような問題が得意な弁護士を探し出すことが容易になります。

ただし注意が必要なのは、どのような問題でも引き受ける弁護士事務所です。よほど大手の事務所でない限り、このような弁護士事務所は避けましょう。

交通事故であれば、交通事故問題の知識と経験を豊富に持つ弁護士を選ぶようにしましょう。

なぜ交通事故が得意な弁護士に依頼すべきなのか

5084e35506c65a1060539a4990933d65_s

もし交通事故の問題にあまり強くない弁護士に依頼してしまった場合、示談金や過失割合などを有利に進めることが困難になります。

交通事故の場合、医学の知識や刑事事件の可能性、そして慰謝料の算定など、専門的に扱っていないと対応できない場合があります。

まとめ

同じ弁護士だから問題ないだろうと思って相談してしまうと、結果的に損をするのは被害者側ですから、弁護士選びはより慎重に行う必要があります。

人身事故の被害者になった時にやるべきこと・その2

先ほどご紹介したするべきことのほかにも、後々、役に立つするべきことがあります。

交通事故に遭遇現場ではなかなか冷静になれないので、実際に行動に移すことが難しいかもしれませんが、できる範囲で実行しておくことをおすすめします。

ただし、領収書や診断書の保管は必須となりますので気を付けましょう。

相手との会話を録音しておこう

事故現場でここまで頭がまわる人はなかなかいませんが、それでも備えあれば憂いなしです。警察は、当事者の双方から色々と話を聞きますが、その供述内容が公開されることはまずありません。最近ではスマホで音声録音が可能ですので自分で録音しておくことも大切です。

ケガなどをしている場合はスマホで録音する余裕などないかもしれませんが、警察が来るまでの間の加害者側とのやりとりや、警察に話した内容など、できれば音声も記録しておくことをおすすめします

目撃者を確保しておきましょう

4-2

もし事故現場の目撃者がいそうなら、事故現場周辺を探すことも重要です。目撃者がいた場合、目撃者の住所、氏名、連絡先を聞いておくとよいでしょう。

事故現場での事情聴取時に証言してもらえるかもしれませんし、示談がこじれた際に有益な証言をしてくれるかもしれません。

病院や修理費の領収書は必ず保管しておきましょう

c2596c986933ee517278e17702ea4b62_s

ケガをして病院への入院、通院などをした場合や、自動車修理費がかかった場合などは、実際にかかった費用の領収書を必ず保管しておきましょう。

示談金などは、被害額に応じて決まりますので、実際に支払った金額が正確にわかるものは、必ず控えるよう心がけてください。

物損事故として処理されたあと、むちうちなどの後遺症と診断されるような痛みがでてきた場合、病院で診断書をもらいましょう。

まとめ

これらすべてが必ず行わなければならないという事柄ではありませんが、領収書などの必要書類は必ず保管しておきましょう。

これらの書類は、精神的な混乱が予想される事故現場で発行されるものではないので、きちんと保管しておきましょう。

人身事故の被害者になった時にやるべきこと・その1

人身事故の被害者となった場合には、絶対にするべきことと、後々、示談金などの補償を求める時に役に立つこととして、するべきことがあります。

あとになって、しておけば良かったと後悔しないように、しっかりとするべきことを確認しておくことおすすめします。

事故直後は警察に連絡

交通事故が発生したら、必ず警察を呼びましょう。そして必ず相手方と一緒に事故現場に残りましょう。人身事故の場合には警察が故現場を検証し、事故状況についての資料を作成します。この資料は証拠価値が高く、過失割合などの決定に重要な役割を果たします。

警察が到着したのち、被害者と加害者に対して事情聴取が行われますが、自分の主張は絶対にしてください。加害者側の言い分が、自分の認識や事実と異なると思った場合はすぐに訂正を求めてください。

そして、感情的にならないことも大切です。また、事故を起こした状況についての主張は、事故直後に行うことが理想ですが、万が一大きなケガをしている場合には、一刻も早く病院に行き、後日、しっかりと主張しましょう。

少しでもケガをしていたら、必ず人身事故として届け出ましょう

6023e1fee83c6d052624281309ba9272_s

相手によっては物損事故として処理してくださいといってくる場合もありますが、あなたが少しでもケガをしたのであれば絶対に人身事故として警察に届け出るようにしてください。

事故直後は混乱しているので、痛みを感じにくくなっていることもあります。いざ、損害賠償を請求しようとしても、物損事故として処理されている場合、相手側の保険会社が応じてくない場合があります。

現場の証拠写真を撮っておきましょう

90a732115c0c4158bb84515c63dc9e97_s

どのような事故であっても、警察とは別に、自分でも事故現場の状況を記憶し、後に証拠となる写真等で記録を残しておきましょう。

加害者に損害賠償を請求するため、あるいは加害者との円滑な示談による解決を行うためにも、証拠となる情報は残しておきましょう。

まとめ

交通事故に遭遇すると人は混乱してしまい、今自分が何をすべきかわからなくなってしまいがちです。あらかじめ、交通事故に遭遇した場合に、何をすべきか認識しておくことで、示談で段階で不利益を被らないように心の準備をしておきましょう。