人身事故の被害者になった時に知っておきたいこと

私たちは、自動車やバイクを運転している時、自転車を運転している時、歩いている時にでさえ、交通事故に遭遇するリスクにさらされています。

人身事故の被害者になった時の対処法をきちんと認識し、被害者として損をしないようにしましょう。

人身事故の被害者になった時は

交通事故が発生して、あなたがもしも被害者になった場合、交通事故が発生してから解決するまでの流れは、きちんと把握できていますか。

「自分は人身事故の被害者なのだから、何もしなくても良い」と受動的に考えているなら、それは大変な間違いです。

損害の内容を明らかに

1-2

人身事故の被害者が、被害に見合った補償を受けるためには、積極的、主体的な活動が必要です。そのためには自分自身が被った損害の内容をきちんと明らかにする必要があります。そのうえで、適正な賠償を求めるなどの行動が必要です。

このような行動が、被害者が交通事故後に不利益など被らないようにするための、もっとも大切な解決法なのです。

示談はプロに任せましょう

272df42ac209f76ecae8e712668e4ec6_s

人身事故に遭遇した際、示談によって解決することは最も迅速で簡単な解決方法でしょう。示談とは、人身事故を起こした当事者間で話しあいをすることによって、お互いに納得できる内容によって条件をまとめることです。

示談は人身事故の補償について解決するのに必要な手段ですが、当人同士で示談交渉を行うと後々トラブルに発展するケースもあります。

任意保険に加入している場合は保険会社に示談交渉をお願いするのが良いのかもしれませんが、被害者の過失割合が0%の場合、法律的に保険会社は示談交渉の代理ができません。

そのような場合の示談交渉については、弁護士などに相談して、示談の代行をお願いするのが最善です。

まとめ

今回は、みなさんが人身事故の被害者となってしまった際に、その発生から解決までの流れや、そして、被害者が泣きを見ないための手順をご紹介したいと思います。