任意保険の弁護士特約について

交通事故に遭遇した場合、被害者の多くは、加害者側の保険会社の担当者に言われたとおりの示談金で支払いを受けてしまうことがほとんどです。

保険会社の提示した金額が本当に妥当なのかどうなのか知るためが、非常に大切になります。

加害者側の保険会社の提示に軽はずみな返事をしない

もしあなたが、加害者側の保険会社から提示された損害賠償額を確認して、その損害賠償金額の低さに困惑していたとしても、保険会社は道筋が通っているかのような説明をし、納得させられてしまう可能性があります。

このように加害者側の保険会社の担当者に言われてしまうと、法律的に交通事故についてあまり詳しくない素人は対応に困惑してしまいます。

そのような場合は、軽はずみに返事をすることなくその賠償金額の妥当性について検証する必要があります。

過失割合がゼロの場合

0e4bbd598c499773e022537816c0d11d_s
加害者側に100%の責任がある場合は、被害者側が加入している保険会社は、示談交渉の代行を行うことができません。

そのような時被害者は、自分の力で加害者側の保険会社と交渉しなければなりません。保険会社の方が知識や経験が豊富なため、加害者側が提示してきた内容で示談に応じてしまったりしてしまいます。

自分の保険に弁護士特約が付加されているか確認しましょう

1a6433aec6af783f6d008221be38055e_s

示談金の金額などが自分の納得できる金額であればよいのですが、そのようなケースは稀でそうはありません。

このような場合、法律の専門家である弁護士に相談するのが最善と思われます。また、費用が心配という方は、自分が契約している保険に弁護士費用特約が付加されているか確認しましょう。

まとめ

自分の力だけで、プロである加害者側の保険会社と示談交渉をするのは、なかなか困難です。

自分が加入している任意保険に弁護士費用特約が付加されていれば、安心して示談交渉を法律の専門家である弁護士に示談交渉を代行してもらえます。