交通事故の被害者が受けられる保障

交通事故の被害者が、保険会社などから受けられる損賠賠償について、ご紹介します。

人身事故の場合

治療費:治療に必要になる実費。入院、手術、診察などに必要なすべてが対象です。

入院雑費:入院をした場合に請求することができます。日額による損害算定がなされます。

付添看護:入院看護と通院看護の2種類あります。

通院交通費:通院に要した実費が請求できます。交通機関を利用した際はその交通費であり、自家用車の場合はガソリン代が請求できます。

休業損害:事故のために仕事を休むことになった場合、その間、収入を得ることができなかった際に支払われる費用です。

慰謝料:ケガを負った場合、負傷や痛みなどによる精神的苦痛に対する慰謝料です。

死亡・後遺障害慰謝料:死亡や後遺障害に対する慰謝料です。

逸失利益:死亡事故や後遺障害が残った場合に、本来得ることができたであろう収入を計算して請求するもの。

将来の介護料:後遺障害第1級、第2級、第3級で、精神神経や四肢の不自由に支障を残してしまい、日常生活を一人で行うことができない場合などに請求できます。

葬儀費用:死亡事故の場合が対象になります。

その他:旅行などのキャンセル費用、ケガのために必要となった日頃と異なる通勤のための交通費などが対象になります。

物損事故の場合

89fa57246e6281c595b7489ae21bf39e_s

修理費:自動車の修理にかかる費用です。修理のできる場合の分損、できない場合の全損もこの段階で判断します。

レッカー代:事故で自動車が走行不能になった場合、修理工場へ自動車を搬送するための実費です。

レンタカー代:事故の修理に際して当該自動車が使用できない場合に損害を請求できます。実際にレンタカーを利用した場合にはその実費になります。

格落ち損害:当該自動車を売却や下取りに出する際に、その評価額が下がってしまった分を賠償請求するというものです。

まとめ

一口に損害賠償といってもその内容は様々です。請求漏れがないよう、しっかりと請求できる損害賠償を理解して、決して不利益を被らないようにしましょう。