人身事故の被害者になった時にやるべきこと・その1

人身事故の被害者となった場合には、絶対にするべきことと、後々、示談金などの補償を求める時に役に立つこととして、するべきことがあります。

あとになって、しておけば良かったと後悔しないように、しっかりとするべきことを確認しておくことおすすめします。

事故直後は警察に連絡

交通事故が発生したら、必ず警察を呼びましょう。そして必ず相手方と一緒に事故現場に残りましょう。人身事故の場合には警察が故現場を検証し、事故状況についての資料を作成します。この資料は証拠価値が高く、過失割合などの決定に重要な役割を果たします。

警察が到着したのち、被害者と加害者に対して事情聴取が行われますが、自分の主張は絶対にしてください。加害者側の言い分が、自分の認識や事実と異なると思った場合はすぐに訂正を求めてください。

そして、感情的にならないことも大切です。また、事故を起こした状況についての主張は、事故直後に行うことが理想ですが、万が一大きなケガをしている場合には、一刻も早く病院に行き、後日、しっかりと主張しましょう。

少しでもケガをしていたら、必ず人身事故として届け出ましょう

6023e1fee83c6d052624281309ba9272_s

相手によっては物損事故として処理してくださいといってくる場合もありますが、あなたが少しでもケガをしたのであれば絶対に人身事故として警察に届け出るようにしてください。

事故直後は混乱しているので、痛みを感じにくくなっていることもあります。いざ、損害賠償を請求しようとしても、物損事故として処理されている場合、相手側の保険会社が応じてくない場合があります。

現場の証拠写真を撮っておきましょう

90a732115c0c4158bb84515c63dc9e97_s

どのような事故であっても、警察とは別に、自分でも事故現場の状況を記憶し、後に証拠となる写真等で記録を残しておきましょう。

加害者に損害賠償を請求するため、あるいは加害者との円滑な示談による解決を行うためにも、証拠となる情報は残しておきましょう。

まとめ

交通事故に遭遇すると人は混乱してしまい、今自分が何をすべきかわからなくなってしまいがちです。あらかじめ、交通事故に遭遇した場合に、何をすべきか認識しておくことで、示談で段階で不利益を被らないように心の準備をしておきましょう。